読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ONE's ENGLISH DOJO

夢や目標を達成するチカラを鍛える道場

Θ浪人で予備校はお金が費用でかかるけど滑り止めは、、、と迷ったら

 

たるお です。こんにちは!

 

さくじつ高校生からメッセージをいただきまして、今日は質問の内容をシェアいていこうと思います。これは受験生に限らず、世の中の多くの人にも通じることがあります。受験生や就活生、社会人などなど、あなたにも当てはまると思います。

 

SPONSERD LINK

 

 

では、さっそく

 

いま進路で迷ってます。何に迷っているかと言いますと滑り止めの大学へ進学するか、それとも浪人するか正直悩んでます。最初は滑り止めの大学でも受かればいいと考えていたんですが、今になってみると、第一志望の大学に行きたい、悔しいと思い始めたんです。

 

いまのE判定の状況で浪人するのはかなり不安があるので、滑り止めの大学へ行きつつ平行で受験勉強をと考えましたが、大学に入学したらゼロからのスタートなので、忙しさで中途半端になりかねないのが現状です。正直自分自身まだまだ行動力が足りないとは思ってます。お願いします。

 

 

この人めっちゃいい悩み方してますね♪ 次につながる悩み方ってやつです。ただ悩んでるだけでは意味がないんですが、こうやって相談してくるのも素敵だと思います。ひとつ先に言えることは、

 

"実はすでに答えは決まっている"

 

ってことですね。

 

気づかぬうちに人生の優先順位が変わってきてるんです。すこしずつ。少し前なら「いろいろ不満はあるけど合格した滑り止めの大学へ行こう」となっていたのが、今では「自分の求める世界に、踏み込もうか、、、どうしよう」と。

 

この変化はめちゃめちゃ大切です。"あとはどう動くか"ですね。自分の胸に手を当てて聞いて見ましょう!素直に。素直に。

 

f:id:The-TARUO:20150228015745j:plain

 

さてさて、「滑り止めの大学へ進学するか、それとも浪人するか」でしたね。

 

ぶっちゃけたハナシどちらでも良いと思うんです。本気を出すのなら。けっきょくは本人も言っているんですが、

 

正直自分自身まだまだ行動力が足りないとは思ってます

 

ここなんですよね。

 

どういう環境であれ、本気を出すならいいと思います。行動がともなえば、必然的に新しい景色が見えてきます。もっと広い世界が見えてきます。これは机上の空論ではなく僕自身の体験談です。

Θ超超進化!悩み始めたときに答えを出す方法は意外と単純 - ONE's ENGLISH DOJO

 

 

 

 

 

 

といってオシマイにするのは冷たいでしょうから"僕なりの"意見を。

 

僕の考える人生の価値は、どれだけ「やってやったぜ!!」という経験を積むかだとおもいます。たった一回の人生ですからね。やっちまったもん勝ちです。そんで、ほとんどの人が挑戦できない理由が

 

  • 自信がない
  • 勇気がない

 

なので、実績を出して自信をつけるか、もしくは、イメージできてなくても、自信がなくっても「勇気をふりしぼってやってみる」か。

 

これにもうひとつ補足すると 、"自分に才能があるのか"です。ここを気にする人が非常に多いように感じます。

 

先にハッキリいっておきますが、「やるか・やらないか」この決断をするのに才能は一切関係ありません。

 

微塵も関係ありません。

これっぽっちも関係ありません。

ミクロも関係ありません。

マクロも関係ありません。

 

そらそうです。やってみなければわからない。やりきってみなければわからない。才能があるかないかなんて。いままでの自分を気にしすぎなんですよ。

 

そんなもん先の自分に関係ないです。今の自分を作っているのは"過去の自分"。今の自分が創っていくのは"未来の自分"。「今までどうだったか」ではなくて「これからどうするか」それだけですよ。

 

f:id:The-TARUO:20150228015826j:plain

 

 

突然ですが、

 

 

島田紳助さんがいいこと言ってました。島田さんは「"才能×努力×時代"で芸人としてブレイクするかが決まる」って言っています。

 

  • 才能と努力は5段階評価
  • 時代とは「運」

 

たとえば、ギターの人とかゲッツの人とか右から左の人は「時代」が異常な数値を出しただけだから、けっきょくは一発屋になってしまったと。

 

ちなみに、才能のハナシもでてますが、受験勉強で本当に才能の差が出てくるのなんて「東大に主席で入学できるかどうか」みたいなレベルのハナシ。だから「志望校に自分が余裕を持って入学できるか」くらいなら「5の努力」で余裕です。

 

以下は引用です。

 

努力を常に「5」にしろ! そして時代を読む事に意識を向けろ! もし才能があれば、お前らはブレイクする。だけどほとんどの奴は才能が無い。これは神が与えたものやからどうしようもない。

 

だけど、もし今努力を常に「5」にする方法を身に付けたら、例え才能が無かったとして芸人をやめても、これから先色んな事に対して「5」の努力をかけれる。そしたら、いつか才能を発揮できる分野を見つけた時、必ず成功できる!! 必ずや

 

今まで「5の努力」をした経験がある人は それを思い出して「5の努力」をしてください。今まで「5の努力」をしたことがない人は、どうか今ここでやってみてください。やりきったその後わかることがある。たっくさんある。

 

じつは僕、これまで後悔ばかりの人生だったんですよ。ほんとかっこわるいから、あんまり普段は言わないんですけどね。

 

  • 勉強
  • バスケ
  • アルバイト
  • 恋愛
  • 仕事

 

なにをやっても中途半端。

思うことはいっつも一緒。

 

「もっと出来たな」

「まだ本気だしてないし」

「やれば出来るし」

「タイミングがくれば」

「もっと追い込まれれば」

「チャンスがあれば」

「火がつけば」

 

ずーっとそういいながら生きてきました。サイテーのふぬけ野郎。そんな自分がかっこ悪すぎて、悔し泣きしたことだってあります。「もうこんなかっこ悪いこと繰り返したくない」「もうかっこ悪いのは絶対イヤだ」そう思って。

 

それからです。見え方が変わりました。 人生の。「一ヶ月前からやっておけば、、、」そんな自分は、いい加減イヤになったんです。だから、"一ヶ月後の自分が今の自分を見たとき、どう思うか"。そんな意識を持つようにしました。

 

一ヵ月後の自分が今の自分を見て「お前のおかげでここまでこれたよ!」そう言えるような、そんな毎日を追いかけるようにしました。そんな自分を追い求めるようになりました。

 

f:id:The-TARUO:20150228015654j:plain

 

 

ハナシを戻して

 

  • 滑り止めの大学へ進学するか
  • それとも浪人するか

 

さんざん話してみて、やっぱりどちらでもいいと思います。滑り止めの大学へ進学するならするなりに本気を出せばいい。浪人するなら浪人するなりに本気をだしたらいい。大学と仮面浪人だって平行して行けないことはないですし。

 

どんな環境でもいいんです。「5の努力」をしましょう。本気をだしましょう。一年後、半年後、一ヶ月後、一週間後、あした。その時の自分が笑顔で「お前のおかげでここまで来れたよ!」そう言ってくれるような、そんな決断をしてください。そんな自分でいてください。

 

 

P.S.

 

「もうとっくに努力はしてるんだよ!」という方はこちらを見ておくと、解決のきっかけになるかもしれませんよ♪

Θ努力が報われてないと思ったとき絶対に知っておきたい5つの話

 

 

ではでは!

 

 

Thanks for reading.

 

最後に、今日の記事があなたの役に立ったら、ぜひ、下の「いいね!」や「ツイート」「はてぶ」ボタンを押して、あなたの友人にも、今日の記事を紹介頂けると嬉しいです。