読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ONE's ENGLISH DOJO

夢や目標を達成するチカラを鍛える道場

Θえっ、ここで!?オンナの官能が目覚めた瞬間!僕は禁断の恋の目撃者になってしまった

 

たるお です。こんにちは!

 

桜もだんだん散り始めましたね。なんだかちょっと残念です。そういえば午後のことなんですけど、ある場所へ向かってたんです。そこで僕は、昼顔もビックリのドロドロな世界に足を踏み入れてしまいました。

 

いや〜、激しい現場に遭遇してしまった。。。

 

SPONSERD LINK

 

 

 

目的地に到着してみると、男性と女性が、座ってお茶を飲んでいました。カップに触れる、赤く彩られた唇が、なまめかしい感じ。

 

 

f:id:The-TARUO:20150408000949j:plain

 

 

ねえ?

 

 

彼を誘惑するような眼差しで見つめる彼女。

 

 

恋してる?

 

 

彼女は彼にストレートに聞く。

(え?なにこの急展開!?)

 

曖昧な返事を彼は返す。

 

 

わたし、恋したいわ

 

 

彼女は含み笑いを浮かべた。

(なんと、これが肉食系ってやつか!!)

 

彼は、ドギマギしている。

 

 

「○○さん・・・」

 

 

なぜか彼の声が震えていた。

 

 

いやよ、そんな呼び方!!
ユキちゃんと呼んでよ!!!

 

「わ、分かったよ、ユキちゃん」

 

 

そう、そんな風にね♪

 

 

また一口、彼女はお茶を飲む。
時計ばかりを見つめる彼。
どうやらマズイ展開になりそうだ。

 

 

f:id:The-TARUO:20150408001531j:plain

 

 

私じゃダメなのかな?

 

 

彼女は問いかける。

 

 

「だめ、とかじゃなくて・・・」

 

 

時間が気になって仕方がないようだ。

(焦っているんだなろうなぁ)

 

 

「○○さ、ユキちゃん、恋したいの?」

 

 

当たり前でしょ。
女は恋をして
磨かれていくものよ。

 

「じゃあ男は?」

 

 

女を磨いてあげるのが
男ってもんでしょ?

(ふ、深イイ言葉だな)

 

 

深い言葉に、彼は頷きかけているけど、
これからの展開が読めるだけに汗ばんでいる。

 

 

f:id:The-TARUO:20150408001614j:plain

 

 

恋しましょうよ、わたしと。

 

 

彼女は、とうとう彼の手を握った。 

(THE NIKUSYOKUUUU!)

 

 

年上の女はイヤ?
今は熟女がモテるって
テレビでもやってたわよ。

 

 

ユキちゃん、熟し過ぎてるでしょ!
せめてあと40年若かったらなぁ 笑

(うんうん、たしかに 笑) 

 

 

女はね、灰になるまで女よ。
女を諦めた時、女は死ぬの。

 

 

 

なんと95歳の超熟女。ユキさんは艶やかに微笑んだ。聞くところによると、こうしていつも彼を手玉に取って、楽しんでいるとのこと。

 

そんなとき2人のやりとりを見ていた別の女性が、すこし遠くから言っていた。

 

 

f:id:The-TARUO:20150408001722j:plain

 

 

あんな婆さん、  どこがいいんだか

(ドロドロじゃねーか!!!)

 

その方も、93歳らしいんです。これはヤキモチってやつなんでしょうね。30も40も年上の女性にモッテモテだなんて、お兄さん恐るべしですよ。ほんとに。

 

 

 

介護のお仕事頑張ってくださいね♪笑

 

ではでは!

 

 

最後まで読んで戴きありがとうございます。

 

最後に、今日の記事があなたの役に立ったら、ぜひ、下の「いいね!」や「ツイート」「はてぶ」ボタンを押して、あなたの友人にも今日の記事をシェアしていただけると嬉しいです♪

 

たるおの中身ってどんな人?人間なの?